レーザー脱毛で色素沈着が改善できるのか?

レーザー脱毛は、メラニンの黒い色素に反応して熱を発するため、毛根を破壊することができ、永久脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛の波長は、メラニン色素にしか反応しませんから、毛以外に影響することはありません。

ただ、しみやほくろ、日焼けなどがある部分には施術を行うことができませんし、技術が未熟な医師が行った場合、やけどや乾燥によって色素沈着を起こしてしまうケースもありますから、医師選びを慎重に行うことが大切です。

レーザー脱毛によって色素沈着が起こる原因

レーザー脱毛の施術後というのは、必ず肌は乾燥してしまいます。そのため、施術後には適切なケアを行う必要があります。

また、皮膚はやけどを起こすと、細胞を守るためにメラニン色素を作り出すことがあり、そのため、色素沈着が起こる原因となってしまいます。

通常なら1ヶ月程度で元の肌の色に戻って行きますが、重度のやけどの場合には、完治するまで時間がかかってしまいますから、クリニックや医師選びを慎重に行うことが重要です。

また、紫外線を浴びるとシミなどの色素沈着を起こしてしまいます。
特に脱毛の施術を受けた後の肌はデリケートな状態となっていますから、なるべく紫外線を浴びないようにするなど、日常生活にも気をつける必要があります。

医療レーザー脱毛で黒ずみが改善

黒ずみなどの色素沈着は、一度できてしまうとなかなか元通りにすることはできません。
一般的に、肌の色素沈着は、刺激によって起こりますがその刺激は紫外線やニキビ跡、アトピー、衣服の摩擦などさまざまな原因が考えられます。

通常、レーザー脱毛は、色素沈着を起こしている部分の施術は不可となっていますが、新しい形で脱毛する最新の医療用脱毛マシンでは、毛の種となる発毛因子を生成しているバルジ領域に働きかけて脱毛をしていきますから、メラニンに反応することがなく色素沈着を起こしていても施術が可能となっています。

また、皮膚科で受けることができるレーザー治療は、メラニン色素に直接アタックすることができるため、ターンオーバーの働きによって破壊されたメラニンは表面に剥がれ落ち、黒ずみを解消していくことができます。

まとめ

レーザーは、脱毛だけではなく黒ずみやシミなどの治療にも効果を発揮するものです。
脱毛サロンで行っている光脱毛よりも高い永久脱毛効果を得ることができ、針脱毛よりも痛みが少ないので、おすすめの脱毛方法です。

ただ、レーザーの出力が高いため医師の技術が必要となりますから、失敗を防ぐためにも、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

SNSでもご購読できます。