レーザー脱毛効果

なぜ医療レーザー脱毛の効果は他の脱毛法より高いの?

ムダ毛を処理して、美しい肌を手に入れることは、健康的な肌にすることでもあります。
女性であればファッションコーディネートで素敵な肌を思いっきり、アピールしたいでしょうし、男性であればデザイン髭に整えて、もっと格好良く決めたいと思うことでしょう。

そんな時にムダ毛処理をレーザーで行うときれいに、そして永久的な脱毛が実現できるので、カミソリやっ電気シェーバーで処理する必要がないのです。

光脱毛よりレーザー脱毛の方が永久脱毛ができる

どうせ、ムダ毛処理をしようと思うなら、2度と生えてこない”永久脱毛”を望むことでしょう。
しかし、エステサロンで行っている光脱毛は、痛みが少ない反面、体毛の発育を遅くして少なくしたり、細くしていく”減毛”なのです。

これと比べて、レーザー脱毛は、光脱毛より出力が強いために、毛根まで光が届いて、永久的な脱毛が実現できるのです。

その結果、2度と生えてこなくなり、煩わしいムダ毛処理から解放されるのです。

また、費用的に光脱毛とレーザー脱毛を比較すると、レーザーの方が高い印象があります。しかし、両脱毛は数回の施術を繰り返す必要があるものの、光脱毛の方が回数が多っかり、再度、生えてきて、再施術を繰り返すのであれば、、トータル的にはレーザー脱毛の方が安くなることが多いのです。

医療機関が行うレーザー脱毛だから信頼が高い

実はレーザー脱毛を行うのは、クリニックです。いわゆる医療機関ですね、

これに対して、光脱毛を行っているのが、エステサロン。エステサロンは、法律でレーザー脱毛ができないのです。

したがって、クリニックで行うレーザー脱もは、とても高い信頼があります。しかも、永久脱毛なので、その美しい肌の出来栄えもかなり違います。

施術時の痛みは、光脱毛より若干ありますが、輪ゴムで肌をパチンを弾く程度の痛みなので、実際には、ほとんど気にならないレベルと言えます

また、万が一、肌のトラブルがあったとしても、クリニックですから、専門のドクターが在籍していますので、治療体制も万全です。

せっかくムダ毛処理をするのであれば、光脱毛いいのですが、レーザー処置で根本的な不必要な黄なる体毛を根こそぎ無くしてしまう方がいいとは思いませんか?

まとめ

このようにムダ毛を処理するには、クリニックで処置をするのが、お勧めです。

体毛には、毛周期という発育サイクルがあります。発育期・休止期・退行期というサイクルの何回も繰り返すのですが、発育期の時に光を照射して、ムダ毛を処理するのです。

しかし、1本1本のサイクルの段階が異なるので、身体全体のムダ毛を無くすためには、何回か施術を受けなければなりません。

これは光脱毛でも、レーザー脱毛でも同じことですが、1回あたりの脱毛効果が断然、レーザーの方が勝っています。

このようなことから、ムダ毛を無く艶のある肌を作るのであれば、クリニックに通ってみると良いでしょう。
また、クリニックといっても、美容クリニックなので、脱毛後のスキンケアもしっかりとサポートしてくれます。

保湿性の高いスキンケアができるので、体毛を無くすと同時にツルツル肌になれるのです。

レーザー脱毛で色素沈着が改善できるのか?

レーザー脱毛は、メラニンの黒い色素に反応して熱を発するため、毛根を破壊することができ、永久脱毛効果を得ることができます。

レーザー脱毛の波長は、メラニン色素にしか反応しませんから、毛以外に影響することはありません。

ただ、しみやほくろ、日焼けなどがある部分には施術を行うことができませんし、技術が未熟な医師が行った場合、やけどや乾燥によって色素沈着を起こしてしまうケースもありますから、医師選びを慎重に行うことが大切です。

レーザー脱毛によって色素沈着が起こる原因

レーザー脱毛の施術後というのは、必ず肌は乾燥してしまいます。そのため、施術後には適切なケアを行う必要があります。

また、皮膚はやけどを起こすと、細胞を守るためにメラニン色素を作り出すことがあり、そのため、色素沈着が起こる原因となってしまいます。

通常なら1ヶ月程度で元の肌の色に戻って行きますが、重度のやけどの場合には、完治するまで時間がかかってしまいますから、クリニックや医師選びを慎重に行うことが重要です。

また、紫外線を浴びるとシミなどの色素沈着を起こしてしまいます。
特に脱毛の施術を受けた後の肌はデリケートな状態となっていますから、なるべく紫外線を浴びないようにするなど、日常生活にも気をつける必要があります。

医療レーザー脱毛で黒ずみが改善

黒ずみなどの色素沈着は、一度できてしまうとなかなか元通りにすることはできません。
一般的に、肌の色素沈着は、刺激によって起こりますがその刺激は紫外線やニキビ跡、アトピー、衣服の摩擦などさまざまな原因が考えられます。

通常、レーザー脱毛は、色素沈着を起こしている部分の施術は不可となっていますが、新しい形で脱毛する最新の医療用脱毛マシンでは、毛の種となる発毛因子を生成しているバルジ領域に働きかけて脱毛をしていきますから、メラニンに反応することがなく色素沈着を起こしていても施術が可能となっています。

また、皮膚科で受けることができるレーザー治療は、メラニン色素に直接アタックすることができるため、ターンオーバーの働きによって破壊されたメラニンは表面に剥がれ落ち、黒ずみを解消していくことができます。

まとめ

レーザーは、脱毛だけではなく黒ずみやシミなどの治療にも効果を発揮するものです。
脱毛サロンで行っている光脱毛よりも高い永久脱毛効果を得ることができ、針脱毛よりも痛みが少ないので、おすすめの脱毛方法です。

ただ、レーザーの出力が高いため医師の技術が必要となりますから、失敗を防ぐためにも、信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。